HOME >会社概要 >沿革

株式会社ユニックス 会社概要-沿革

会社概要

株式会社ユニックスについて

沿革

     
昭和59年12月 潟jュー・サンワの西日本地域代理店として東大阪にて苗村昭夫が個人開業
昭和60年11月 八尾市にてコーティング工場を開設。「大阪ニュー・サンワ」と称する
昭和63年  4月 「大阪ニュー・サンワ有限会社」とし、資本金800万円にて法人化
昭和63年11月 低温焼成ファインセラミックの開発に成功し、多色のカラーデザインマンホールを出荷
(徳島市、新居浜市など)
平成 3年  3月 大阪ニュー・サンワ(有)の総販売代理店として「株式会社シード」設立
平成 4年10月 医療現場環境の改善に着目し、注射器溶解機を研究開発、試作機完成
(特許申請審査中)
平成 4年11月 八尾市商工会議所より注射器溶解機の完成品「セフティ・ポン」が評価され新製品開発優良企業賞を受賞
平成 5年  2月 エンプラ加工工場としてEPセンターを増設
平成 5年11月 コンピューター・カラー拡大描画機の大型機(1200×1800mm)開発に成功(アートロボ)
同機の開発に対し、平成5年度八尾市商工会議所新製品開発優良企業賞を受賞
平成 6年  1月 大阪ニュー・サンワ椛搦(1300万円)
平成 6年10月 社名を「株式会社ユニックス」とし、全国に向けての営業を開始する
平成 7年  6月 水力発電所、造船、建業、土木用の大型テクタンマシーン塗装機導入(USAテクタン社製)
平成 9年  1月 最新ポリウレタン原料US-1000の開発に成功
平成 9年  3月 自動塗装装置の特許公開により日本発明特許学会より発明賞を受賞する
平成10年 6月 設備増強の為、増資(2200万円)
平成10年 9月 神戸市道路公社の新神戸トンネル内ジェットファン及び集中排煙大型ファンにウレタンコーティングが採用され順次施工開始する
平成11年 5月 パソコンによる営業、経理、工務及びコーティングルームの自動コンディション測定レコーダー等品質管理を含めたコンピュターシステムを導入
平成13年 7月 業務拡大と効率化を計り、八尾工場より現在の東大阪加納工業団地に工場を取得、移転する。(敷地600m2、工場事務所730m2)
平成15年 6月 東大阪新市庁舎西に完成した大阪産業復興機構クリエンション・コア東大阪内インキュベート・ルームに入居許可及び常設展示場にも販路拡大。新製品の創造・研究開発に向けて展開中
平成16年 3月 昨年8月キックオフしたISO14001認証取得に向け全社員の努力と取引各社の協力のおかげで認証取得が叶いました。(ISO14001:1996.147226号)
平成16年 4月 クリエンション・コア東大阪、インキュベートルームに入居後研究開発に努力し各支援機関の各位のご支援もいただき中小企業経営革新支援法に申請した「ペットボトル滅容器の開発と販売」が承認されました。「大阪府指令経支第1100-6号」
平成17年 1月 創業満20周年を過ぎ、最新のコーティングブース、サンドブラスト機及び大型NCルータ機の導入と共に、事務所の増築と工業内大改装を行い、業務効率と品質の向上を図る
平成17年 3月 大阪府立大学と支援企業4社と共に新しい推力系CEESロケットの打ち上げに成功
平成17年 5月 小型ロケット・グライダー・ペットボトル水ロケット等による低空域におけるロボット創造を目的とした「小型ロボット創造グループ」を企業4社と、個人2名で設立し、企業連携による新しいビジネルチャンスを追求する(当グループは大阪府地場産業等振興対策費補助金交付決定)
平成18年 5月 株式会社ユニックス設立20周年記念式典を開催
平成18年 7月 宇宙クラブ関西ロケット機体「UCK-06」の制作・監修をし、フランス大会での打ち上げを成功する(ミッションリーダー)
平成19年 4月 NC施盤、NCフライス等自動切削機器5台を導入し、樹脂加工の社内製作を開始する
平成19年 4月 産学官連携研究開発の「介護ロボット研究会」を3企業・2大学・1団体で結成し排泄物処理機開発に着手
平成19年 8月 宇宙クラブ関西は昨年に引き続きフランスで、ロケット「UCK-06A」の打ち上げを成功する
平成19年 8月 介護ロボット研究会は大阪府の「事業化推進事業助成金」の承認を受け、市場調査・研究開発を進める
平成20年 7月 異分野新連携事業分野開拓計画「加熱輾圧機能により作業性が向上した高機能舗装用プレートユニパクターの製造・販売事業」について認証される。(近畿第48号)
平成21年 8月 経産省、中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律第4条第1項に基づく特定研究開発計画「ポリウレタン塗布成形技術の高度化に関する研究開発を提案し認証された。(認定番号近畿0908016-1)
平成22年 2月 中国遼寧省鞍山市に於いて環境機器製造企業との間でポリウレタンコーティング技術ノウハウ移転契約が成立し同地に合弁企業「鞍山尤尼科斯新材料有限公司」設立なる。
平成22年 6月 特定研究開発計画認定に伴い、龍谷大学の管理機関としての支援を受け平成22年度戦略的基盤技術高度化支援事業に申請し、研究開発委託企業の決定がなり、同9月正式委託契約となる。
平成22年 9月 ポリウレタン原料の高機能化(高耐熱性・高摺動性等)と自社での製造を目指して研究開発を開始する。
平成24年10月 サポイン事業研究開発において、超高耐摩耗性ウレタン新原料US3000が完成し商品化する。

TOPへ